国土交通省から住宅ストック循環支援事業という補助金制度が発表されました。
この事業は、若者の住居費負担の軽減、良質な住宅ストックの形成及び既存住宅流通・リフォーム市場の拡大を図るため、インスペクションを実施し、既存住宅売買瑕疵保険に加入する既存住宅の取得や、耐震性が確保された省エネ改修、一定の省エネ性能を有する住宅への建替えを実施する者に対し、国がその費用の一部を補助する制度を確立し、もって公共の福祉に寄与することを目的としていいます。
耐震性の無い住宅を解体し建て替えを考えている方や、一定の耐震性を有している既存住宅の断熱改修や省エネ設備への設備改修をお考えの方は、お得に工事ができるチャンスです。
申請期限は平成29年6月30日まで、または予算が無くなるまでで、工事完了が平成29年12月31日までとなっております。
補助対象となる耐震性能の基準や工事の内容等の詳しいことは、弊社まで問い合わせするか、下記リンクをクリックしてご確認下さい。

リンク:住宅ストック循環支援事業(国土交通省HP)