リフォーム施工事例

水廻りと居間のリフォームで快適生活

構造 木造

今まで手を入れずに築40年以上経った住まいは、老朽化で様々な不都合が生じていました。

居間の塗り壁はボロボロと落ち、頻繁な掃除が必要な状態でした。

将来の足腰のことを考えると床座の畳生活にも不安を感じていました。

何よりもキッチン、お風呂、洗面、トイレの水廻りの老朽化がひどくて、お客様も限界を感じていました。

また完成当初から洗面化粧台廻りが狭くて、誰かが使っていると奥にあるトイレに行くためにすれ違うことも難しく、不都合を我慢しながら生活していました。

 

これらの問題を限られた予算の中ですべて解決しました。

居間の壁は真壁工法のままクロスに張替え、掃除の手間を無くしました。

床は畳からフローリングに変えて、将来に備えた措置を施しました。

天井はとても手が込んでいてきれいだったため清掃のみとし、既存の雰囲気と住み慣れた空間への想いを大切に残すことにしました。

水廻りの機器については、すべてタカラスタンダード製のものに取り替えました。

キッチンは既存と同じ位置に、同じ大きさのものを設置しました。

ホーロー製でメンテナンス性が良く、また40年以上前のものよりも収納力が格段に増えているため、「使いやすくなって本当に良かった」と奥様大喜びでした。

浴室は同じ1坪の空間に入るユニットバスに取替えました。

既存の浴槽が小さかったため、「これで足を伸ばして入れるから、仕事の疲れが取れそうだ」と旦那様が安堵の声をあげていました。

洗面所については、トイレと合わせて少しだけ間取り変更を行いました。

小便器を無くし、その分洗面脱衣室を広げることで洗面化粧台を置くスペースをつくりました。

もとの洗面スペースは収納として有効利用しています。

ほんの少しの間取り変更でも、生活のしやすさは全然違ってきます。

 

住まいは建てて終わりではありません。

大切にお手入れすることで長く使える場合もありますが、いずれどこかで不都合が生じてしまうものです。

都合が悪いと思った時に、専門家へ一度相談することをおすすめしておりますので、押し売りはしませんのでまずは気軽にご相談の連絡をいただけたらなと思います。

Instagram